お問い合わせ

年収をアップさせるためのポイントとは

顧客のニーズに合わせて仕事を掘り起こそう!

社会保険労務士として独立開業を目指す方のために、社労士として働いてきた経験やほかの開業社労士さんから聞いた話を元に、収入アップのポイントを解説してみます。
以下のような点が上げられると思います。

どんな職業でも言えることですが、高収入を得られるか否かは営業努力にかかっています。資格を取って看板を掲げただけでは、向こうから仕事がやってくることなど皆無なのですから。
まず、一番に営業をかけるのは伸び盛りの中小企業。
労働保険などは社内で行っていて、就業規則や労働条件などが曖昧なままになっている企業がまだまだたくさんあります。そんな中小企業なら、新人の社労士でも参入する隙が見つかる可能性が高いからです。
労働社会保険関係の書類作成や代行手続きなどを行いつつ、顧客企業のニーズをどんどん探っていき、必要とあらば就業規則や福利厚生、賃金体制などについての提案もしていきます。近頃は契約社員や派遣社員など雇用形態も多様化していますから、労働時間や賃金などの整備を必要とするケースが多く見られます。顧客企業の経営者と親密に打ち合わせていくうちに、新しい業務が次々と見つかっていくことになるのです。

さらに、現在は年金問題が話題となっていて、年金についての法改正が進むことが予想されます。年金制度は少々複雑で、一般の方には分かり難い部分もありますので、そんな個人の顧客の年金相談や請求手続きを請け負うことも高収入につながる一歩となるでしょう。

>>現役社労士に年収の本音を聞いて見ました
>>通信講座のフォーサイト