お問い合わせ

社会保険労務士・試験の内容

苦手科目を作らないことが合格への近道

これまで、社会保険労務士という仕事の魅力をお伝えしてきましたが、まずは試験に合格して資格を得なければ話になりません。
実際に受験してみると分かると思いますが、この試験は5万人前後が受験して、合格率は平成21年度のデータで7.6%と、かなりの難関となっています。
さらに、試験を受けるためには受験資格が必要となりますので、必ずチェックしてください。
試験の概要は次のようになっています。

社会保険労務士・試験概要

●受験資格

(学歴・実務経験・そのほかの国家資格合格等の3つからいずれか1つに該当する人)
大学の一般教養科目終了者、短大・高専の卒業者
②公務員で労働社会保険諸法令の事務に従事した期間が通算して3年以上、または行政事務に3年以上従事した者、民間企業や労働組合等で労務担当や労働社会保険諸法令の事務に通算3年以上従事した者
行政書士、司法試験2次試験、税理士試験、弁理士試験、公認会計士試験等の試験に合格し一定の資格を持っている者

●試験科目

(全部で8科目)

※それぞれの科目について、5肢択一問題と複数の単語の中から正解を選択して穴埋めする選択問題が出題される

●合格基準

(合格基準は毎年異なり、以下の二つの条件を満たした者が合格となる)

平成21年度の合格基準

①選択式試験は、総得点25点以上かつ各科目3点以上(ただし、労働基準法及び労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、厚生年金保険法は2点以上)である者

②択一式試験は、総得点44点以上かつ各科目4点以上である者

試験概要を見ていただくと分かるように、試験科目は法令7科目に一般常識という膨大な範囲に及んでいます。しかも、すべての科目に基準点が設けられているので、1科目も落とすことができない過酷な試験です。
これら8科目のうち、苦手な科目をひとつでも作らないことが、合格への近道となります。

あらかじめ法律の知識がなく、初めてテキストを手に取った人は、まずは労働基準法と国民年金法から手を付けることをおススメします。
というのも、労働関係の法律は労働基準法を、年金関係の法律は国民年金法を基本としていることが多いので、この2つから学習すると理解しやすいからです。
なお、試験範囲となっている法令は頻繁に法改正が行われ、改正されたものは試験に出題されやすい傾向がありますので、法改正の情報は確実にチェックしてください。

>>現役社労士に年収の本音を聞いて見ました
>>通信講座のフォーサイト