お問い合わせ

社会保険労務士の魅力とは

高収入も安定収入も可能!? フレキシブルな資格

社会保険労務士という仕事は、ほかの国家資格や士業と比べてどのような魅力があるのでしょうか?
私の個人的な意見ですが、この資格の魅力とは、以下のようなポイントではないかと考えます。

ポイント1 勤務社労士と開業社労士の二つの選択肢がある

行政書士のような独立開業型資格の場合は、企業に勤務しながらその資格を活かしていくという人は、ほぼゼロ。その資格を活かして仕事をするには、開業という道しかありません。
しかし、社会保険労務士の場合、開業するほかに、私のように企業の人事部や総務部に勤務しながら資格を活かす、という方法もあるのです。
もちろん、独立開業した方が高収入は望めますが、仕事が軌道に乗るまでは安定収入が得られないというリスクも伴います。
社会保険労務士は、リスクを覚悟の上で高収入の夢を追うこともできますし、会社に属して安定収入を得る、という選択も可能な、フレキシブルな性質を持った資格といえます。
近頃、女性の受験者が増えているというのは、このような側面にも理由があるのかもしれませんね。

ポイント2 営業次第では年収1000万円以上も夢ではない!

開業社労士の場合、たくさんの顧客企業と契約を結び、顧問報酬を得られるようになれば、毎月安定した収入を得られるようになります。
本人の営業力しだいで1000万円台はおろか、中には3000万円もの年収を得ている社労士さんもいらっしゃるそうです。
信頼できる国家資格を武器に大バクチが打てる、夢の職業ともいえるのです。

ポイント3 開業すれば自宅で好きな時間に仕事ができる

社会保険労務士は、開業登録さえできてしまえば、簡単に開業することができます。パソコンやプリンター、ファックスなど最低限の機器があれば、多額の設備投資もいらず、自宅の一室でも開業することができるのです。
年収1000万円以上の高収入を狙っている方は、きちんと事務所を構えた方がよいかと思いますが、私のような女性の社労士さんで、特にお子さんがいらっしゃる方などは、自宅で仕事ができるというのは、かなりなメリットなのではないでしょうか。
始めは勤務社労士として働いていた方も、結婚や出産を機に会社を退職され、自宅で開業するというパターンが多くなってきていると思います。

>>現役社労士に年収の本音を聞いて見ました
>>通信講座のフォーサイト